大野靖志著
「とほかみえみため〜
神につながる究極のことだま〜(電子版)」は
コチラからダウンロードしてください。
誠にありがとうございます!


大野靖志著『とほかみえみため~神につながる究極のことだま~』(電子版)
のダウンロードは、こちらのページより行っていただけます。

それでは、
どうぞ特典の書籍をお受け取りください!

期間限定・無料プレゼント1

とほかみえみため
とほかみえみため

書籍の感想は
このページの一番下をご覧ください!

あなたの声もお待ちしています。

期間限定・無料プレゼント2

特別動画対談
  • 日本語の1音1音に秘められた地球言語の真の姿
  • なぜ現代日本では「言霊」が廃れているのか?
  • 「言葉は大事」の本当の意味
  • 人間は食べ物で作られている?いいえ違います…
  • キリスト教と神道の共通点
  • 幸せに生きるには「言葉」と「先祖」が重要!?
  • 汝自身を知れ – 「私」の正体はコレです!
  • あなたの先祖を遡ると辿り着く意外な存在とは?
  • 究極の言霊「とほかみえみため」の秘密
  • 「先祖供養」が地球を救うロジカルな理由
  • 日本語が持つ「入れ子構造」で全ての神を味方にする方法
  • なぜ「とほかみえみため」が最強の言葉なのか?
  • 日本に隠された「天皇の御業」の1つを公開!
  • 「とほかみえみため」がもたらす具体的な御利益
特別動画対談

プロフィール

大野靖志

一般社団法人白川学館 理事
ラボラトリオ株式会社 代表取締役
neten株式会社顧問

ユダヤ教をはじめ
世界各国の宗教と民間伝承を研究後、
白川神道、言霊布斗麻邇の行を通じ、
新たな世界観に目覚める。

現在は、日本と米国に
意識変容のためのデジタル技術を普及すべく、
東京と山梨を拠点に、様々なプロジェクトに力を入れている。

著書に『和の成功法則』(サンマーク出版)、
『願いをかなえるお清めCDブック』(サンマーク出版)などがある。

一般社団法人白川学館

白川神道の継承者、七沢賢治を筆頭に、
天皇祭祀を司ってきた白川神道の教えを今に守る。
白川学館が運営をしている電子神殿は、
世界10か国以上に同時中継されている。

neten株式会社

意識変容のための最先端技術を研究開発。
同社が開発した製品はシリコンバレーでも高評価を受ける。
現在はプラズマ装置による災害防止と環境改善に力を入れている。
世界の要人、国家機関、機密機関も訪れている。

ラボラトリオ株式会社

人類の意識進化のため上代倭語から銀河恒星言語まで
幅広い言語コードを開発。
その応用範囲は宇宙規模にまたがる。

無題ドキュメント

書籍
『とほかみえみため~神につながる究極のことだま~』
の感想はこちらから

得丸文野 さん へ返信する コメントをキャンセル

  1. 今野喜朗 さん より:

    言葉を発する前の意志や念がどうなのかが大切ということなのか。少しむずかいい感じがしました。
    私たちは先祖の集合体ということは誰でも納得することなのに、ほとんどの方が意識していない考えてもみなかったことだと気づかされました。
    「とほかみえみため」唱え拡めていくことで世界が変わるならお役に立ち立ちたいと思いました。

  2. きむ さん より:

    先祖との結びが強くなるよう、とほかみえみためを日々唱えます。

  3. 高野 さん より:

    素晴らしい書籍を無料で提供して頂き感謝致します。
    一気に読ませて頂きました。
    『とほかみえみため』
    この瞬間に存在していることに感謝致します。

  4. 内山 晴美 さん より:

    書籍ありがとうございました。
    早速読ませていただきました、素晴らしい内容です。
    そしてネットワークを無料で広めていくだなんてなんて素敵なことでしょう。私も広めるお手伝いの一如を担えればも思います。
    娘がトラブルに巻き取りこまれ、脾臓にうつうつと嫌な感情を溜め込み不調だったので施術でキレーションしながらふと娘に「とほかみえみため」を40回唱えさせてところすっと脾臓に溜まっていたモノが消えて、脾臓の重みも消え
    キレーション部に当てていた私の手のピリピリ感もすっときえたのでした。
    もう少しキレーションしていれば施術でも消えていましたが改めて「とほかみえみため」のパワーを感じたのでした。

  5. rie さん より:

     公開ありがとうございます。普段体感は無いのですが、初めて「とほかみえみため」を40回唱えた後の清澄感には驚きました。しかしながら、体感に捉われることなく心構え十ヶ条遵守にフォーカスする所存です。それにしても、重要事項が明らかにされたのは、それだけ我々が危機的状況に在ると云うことなのでしょうか…

1 2 3 4 89