対談動画の感想は
こちらにお寄せください。

yama さん へ返信する コメントをキャンセル

  1. 菅野祥子 さん より:

    私の身体は、ご先祖様の集大成・・・すごく納得です。
    おばあちゃんやおじいちゃんそして父母に日常的に感謝できていたかと振り返ってみると申し訳ない気持ちになります。
    これからは、「自分の中にご先祖様がいる」を感じて生きます。
    「日本の言葉は美しいんだよ」と聞くことが有りました。
    美しい言葉を伝えていきたいです。

  2. ひろみ さん より:

    先祖を敬う気持ちが、もう少しでも私にあったなら確かにもっとましな人生を過ごせた筈だ、という事を古希も半ばになろうとしている時点でやっと身にしみてわかる事ができました。 人の恩も感じとれないような育ちからか、言語障害にまでなってしまって!と、今はまだ気持ちの整理もつかない感じです。

  3. KAYOKO さん より:

    親孝行は一番身近な先祖供養なのだと知りました。
    疎かにしているので反省しています。

  4. 高橋由美子 さん より:

    心から親に感謝したのは40代位でした。私の誕生日に産んでくれてありがとう。とプレゼントをしたことが懐かしく思い出します。 10年前頃に生かされている感謝で得度を受け 護魔供養のお手伝いをしていました。数年しましたが色々な出来事があり遠ざかっていましたが
    実家と嫁ぎ先の永代供養をさせて頂いたので 何とか今今日まで 運良く切り抜けて来られたのかと 心から感謝でいっぱいです。 自分だけの力では何も出来なかった今 改めて感謝し ありがとう。と唱えています。
    今の時代に生きられる幸せに感謝します。
    全ての出会いに ありがとうございます。

  5. yama さん より:

    先祖と繋がることで、本当の意味で自分自身の存在を理解できる。「自分」とは、自分で思い込んでいる自分の姿というよりも、今までの全てが作り出した、今形あるものとして存在する、その存在そのものなんだと理解しました。感じ方、考え方、価値観は後天的なものもあるけれど、それを全て無くした時に、先祖と繋がれる、原型に戻る、そんな認識ができました。

  6. yama さん より:

    自分の存在は今までの先祖があってのこと、その結果として今の自分の存在がある。一度目の視聴では、頭でそう理解しました。その時点では、祖先とこの自分の存在が別々という感覚でしたが、何度か見直していくうちに、自分の中に先祖の存在を感じるようになり、自分の中の感じ方が変わったことに驚いています。私の中に全てが入っている!今までの全てで私が作られている!一つの存在として感じています。

  7. yama さん より:

    自分の発する言葉に自分が現れる。望まない、感情任せの言葉を吐いてしまうことは、それが自分だと公表しているのと同じですね。子育てしながらも、感情をぶつける言葉ではなく、その子の力になるような話し方、言葉を出すよう気をつけていきます。それがこの子を作っていくと思えば、責任重大です!
    そして、今までのご先祖様がなさってきたことの結果として今の自分の存在がある。それだけの重さと責任を感じました。しっかり命を生き、バトンを繋げていきます。

  8. 中谷裕美 さん より:

    日本語の深い意味も、自分と神をつなぐものが先祖の存在ということも、初めて教えて頂くことばかりです。自分の中の思い込みが覆されています。もっと知りたい、もっと、もっとと惹き込まれてしまいます。

  9. 蔵増美智子 さん より:

    「介護施設でのこと」 
    日本人の言葉には怒りの感情が多く含まれております。心が折れてしまうことが多くあります。一方で、海外から日本に働きに来て学校で日本語を習得したベトナムの人や韓国の人の言葉は大変優しくてきれいな言葉で話されます。海外の方の言葉に癒されてしまいます。あったかい言葉を使いながら、優しい動きで介護してくださっています。施設に入居している日本人の方のことばや態度にも呆れてしまいます。パートで働き始めた施設で「時間がもったいない」と感じながら過ごしております。
     先祖に感謝すること。自分を大切にすること。先祖の集合体のおかげでご縁をいただいた職場であること等をふまえながら今後の在り方について検討していこうと教えていただきました。ありがとうござました。

  10. 小山宏子 さん より:

    言葉の大切さを改めて教えて頂き有難うございます。大野代表のお人柄「やはり神の領域の方だ」と言葉と声から察知出来ました。とほかみえみためをこれまでにも唱えて来た私ですが、電子版をダウンロードさせて頂き目からうろこの「とほかみえみため」の真理を学ばせて頂き深い感謝と共に居ても立っても居られず‥‥友人たちに広めました。 
    早速「凄いものを頂いた!」と感謝の言葉が届きました。 ただ事ならない地球の危機、日本の危機にある今、一人でも多くの方に広めるお役をさせていただきたいと思います

1 11 12 13


プロフィール

大野靖志

一般社団法人白川学館 理事
ラボラトリオ株式会社 代表取締役
neten株式会社顧問

ユダヤ教をはじめ
世界各国の宗教と民間伝承を研究後、
白川神道、言霊布斗麻邇の行を通じ、
新たな世界観に目覚める。

現在は、日本と米国に
意識変容のためのデジタル技術を普及すべく、
東京と山梨を拠点に、様々なプロジェクトに力を入れている。

著書に『和の成功法則』(サンマーク出版)、
『願いをかなえるお清めCDブック』(サンマーク出版)などがある。

一般社団法人白川学館

白川神道の継承者、七沢賢治を筆頭に、
天皇祭祀を司ってきた白川神道の教えを今に守る。
白川学館が運営をしている電子神殿は、
世界10か国以上に同時中継されている。

neten株式会社

意識変容のための最先端技術を研究開発。
同社が開発した製品はシリコンバレーでも高評価を受ける。
本年よりトランステック・カンファレンスのスポンサーを務め、
世界の要人、国家機関、機密機関も訪れている。

ラボラトリオ株式会社

人類の意識進化のため上代倭語から銀河恒星言語まで
幅広い言語コードを開発。
その応用範囲は宇宙規模にまたがる。