対談動画の感想は
こちらにお寄せください。

  1. 小林美枝子 さん より:

    戦後GHQによって言霊が日本から消されたというのは初めて知りました。言葉は大事ですね。
    これからはもっと言葉を大事にしたいです。

  2. 下村悦朗 さん より:

    対談動画を楽しく見させていただきました。今の自分が気の遠くなるような先祖のつながりによって
    存在していることは理解していても、日常において忘れがちになっています。
    「とほかみえみためー神につながる究極のことだま」を読ませていただいてから、ふと道ですれ違う人や周りの
    いろんな人やもの、そして出来事にもとても親しみを感じています。

    「ひとは言葉でできている」「先祖を大切にすること」の言葉を大切にしていきたいと思います。

    「とほかみえみため」を唱えることがついつい楽しくなる!今回も
    とても貴重な情報をありがとうございます。

  3. 薩摩おごじょ さん より:

    親への感謝はよくしますが、ご先祖様への感謝は少ないです。気をつけます。ありがとうございます。

  4. つぼた さん より:

    一つ疑問なのは、魂はどこから来るのかな?と思いました。
    よく魂は、自分の意思で生まれようと思った家に生まれると聞きます。
    とすれば、身体の特徴や才能は先祖から来ても、魂は関係ないところから来ることになります。
    魂が違うと意思が違ってくると思うので、生きる流れも違ってくるのではないかと思いますが、その辺はどうなるのでしょうか?

  5. 浩美 さん より:

     言霊というのが、放送禁止用語になって
    いるのをはじめて、知りました。
    キーボードに ことだま、って打つと
    言霊って出るけど、げんれい、って打つと
    とんでもない言葉が出ますね。
    早く、げんれい、って打ったら言霊って
    出るようになれば、いいなって思います。

  6. 前原恵美 さん より:

    この教えに触れていてご先祖が如何に大事かを分かっていたつもりでしたが、改めて新鮮に大切さが伝わってきました。この教えに触れていなかった頃の自分が聞いても、え⁈何⁈と思わされたと思います。何ででしょう…。ズバリと言われているからかと思います。同じ事は色々な形で伝わってきても、だから感謝して生きろという様な意念があって重苦しかった。
    今は教えに触れ、どれだけ研究がなされたかを知っているので欲目があるところをリセットしても、やっぱりご先祖様の大事さがシンプルに伝わってきました。

  7. Yamamoto さん より:

    自分中心でどうしても考えてしまう傾向があるけれど、先祖に対する感謝を忘れているという言葉が凄く印象に残り、今後は両親だけでなく、先祖の方にも感謝の意識を向けようと感じました。

  8. たけじん さん より:

    先祖に感謝。
    毎日の中では忘れているかも知れません。
    私は先祖の集合体だ!というのは新しい視点です。ついつい、自分がいるのは当たり前に思ってしまいます。
    肉体はまさにその通りで納得です。
    精神や感性は先天的なもののほか、後天的に自分だけが体験したものもあると思います。
    今回の話を聞いて、自分の枠が壊れて溶けて、無くなって行く感じがしました。

  9. どいや さん より:

    貴重な対談ありがとうございます。
    「とほかみえみため」毎日唱えています。
    言霊と先祖を意識して生きます。
    私が無い事がよくわかりました。
    ご縁に感謝です。

  10. 福田 研 さん より:

    あ〜いい事があったときの先祖への感謝…忘れてるな〜!

1 2 3 9


プロフィール

大野靖志

一般社団法人白川学館 理事
ラボラトリオ株式会社 代表取締役
neten株式会社顧問

ユダヤ教をはじめ
世界各国の宗教と民間伝承を研究後、
白川神道、言霊布斗麻邇の行を通じ、
新たな世界観に目覚める。

現在は、日本と米国に
意識変容のためのデジタル技術を普及すべく、
東京と山梨を拠点に、様々なプロジェクトに力を入れている。

著書に『和の成功法則』(サンマーク出版)、
『願いをかなえるお清めCDブック』(サンマーク出版)などがある。

一般社団法人白川学館

白川神道の継承者、七沢賢治を筆頭に、
天皇祭祀を司ってきた白川神道の教えを今に守る。
白川学館が運営をしている電子神殿は、
世界10か国以上に同時中継されている。

neten株式会社

意識変容のための最先端技術を研究開発。
同社が開発した製品はシリコンバレーでも高評価を受ける。
本年よりトランステック・カンファレンスのスポンサーを務め、
世界の要人、国家機関、機密機関も訪れている。

ラボラトリオ株式会社

人類の意識進化のため上代倭語から銀河恒星言語まで
幅広い言語コードを開発。
その応用範囲は宇宙規模にまたがる。